ED治療薬

勃起不全治療薬の入手方法と注意点は?気を付けるべき点もある

勃起不全治療薬の入手方法

勃起不全を治療する薬の入手方法は病院や通販サイトになります。

病院では泌尿器科や内科、専門外来の所ではED、性機能、男性更年期などを専門としているところで処方されます。

通販サイトでは処方ではなく、薬の購入のみになります。

薬について専門医が説明してくれませんので、自分自身でしっかりと説明や注意書きを読む必要があります。

また服用方法を守らずに使用してしまうと、予期せぬ症状が起こることがあるので注意が必要になります。

勃起不全を治す薬は薬局などで販売してないの?

勃起不全を治す薬は薬局やドラックストアなどでは購入することが出来ません。

薬局やドラックストアなどで市販されているのはED治療薬ではなく、精力剤となります。

市販されている精力剤はマカやマムシ、すっぽんなどの成分が含まれており、性的興奮作用を強めることが出来ますが、勃起できないという勃起不全の治療を行うことは出来ません。

精力の低下で勃起できないのかもしれないということであれば、市販されている精力剤に手を出してみるのもいいかもしれません。

ED治療薬を使用する際の注意点

ED治療薬と呼ばれる「バイアグラ」、「シアリス」、「レビトラ」などは医薬品となりますので、副作用というものが存在します。

副作用は市販されている風邪薬などにもあるもので、ED治療薬の副作用は顔の火照りや目が充血したり、血圧の低下や頭痛、鼻づまり、眩暈(めまい)、動悸が起こったりする場合があります。

ただしこれらの症状はED治療薬の血管拡張作用によるものなので、薬の効果が切れることで落ち着きます。

またこれらの副作用症状には個人差があり、基本的にはどれも軽い症状となっています。

副作用症状を強く感じるようであれば、服用を中止して病院にて受診されるようにしてください。

一度に何錠も服用するのは危険

ED治療薬を服用しても効果を感じられない場合に一度に何錠も服用したとしても大きな変化を得ることは出来ません。

一度に何錠も服用するオーバードーズ(OD)は薬物の過剰摂取による自傷行為の一つで、身体に深刻な問題を引き起こしたり、薬物依存症となってしまいます。

最悪の場合、命の危険にもつながることがありますので絶対にしないようにしてください。

また何錠も服用してしまった場合、予期せぬ副作用が起こる可能性があるので避けてください。

医薬品は服用方法をしっかりと守ることが重要になります。

勃起不全治療薬

勃起不全を治したいならどんな薬が効果的?それぞれの特徴

勃起不全を治療するには

勃起不全の治療を行うには基本的に『ED治療薬』の服用が必要になります。

ED治療薬はその名の通り勃起不全(ED)を治療する医薬品になります。

ED外来を受け付けているところなどで処方されます。

有名なED治療薬として『バイアグラ』や『シアリス』、『レビトラ』等があり、それらのジェネリック医薬品も存在します。

改善したい症状によって処方されるお薬が変わってきます。

改善内容によって処方薬は変わる

ED治療薬といっても様々な種類があり、改善したい内容や状況に応じて処方薬は変化します。

基本的にED治療薬には『バイアグラ』や『シアリス』、『レビトラ』があり、これらのジェネリック医薬品が存在します。

この先発薬であるバイアグラ、シアリス、レビトラの3種類はそれぞれ特徴があります。

バイアグラの特徴

ED治療薬として1番知名度の高いバイアグラは製薬会社で有名なファイザー社から販売されています。

バイアグラに含まれている有効成分クエン酸シルデナフィルは、勃起を妨げる酵素5型ホスホジエステラーゼのはたらきを抑えることで勃起不全の改善を行います。

服用開始から約30分~1時間程度で効果を発揮し、効果の持続時間も3時間~4時間と言われています。

勃起時の硬さを求める方や医薬品としての安心感が欲しいという方には知名度の高いバイアグラがオススメとなります。

またバイアグラのジェネリックは先発薬と同成分が配合されており、価格も安いので、お勧めです。

シアリスの特徴

シアリスもED治療薬として有名な医薬品ですが、勃起時の硬さはバイアグラやレビトラに及ばないとされています。

ですが、シアリスが人気の理由としては「効果時間の長さ」になります。

シアリスを服用してから約30分~1時間程度で効果を発揮し、効果の持続時間は約30時間~40時間とされています。

服用するタイミングを気にせずに早めに服用しておくことで、性交の際に勃起することが出来るのが特徴になります。

性行為をするタイミングを意識て服用する必要がない方がいいという方にはシアリスがオススメです。

レビトラの特徴

ED治療薬でバイアグラやシアリスと並ぶ有名な医薬品です。

レビトラはバイアグラよりも即効性と持続時間があることから有名となりリピーターが多くいます。

服用開始から約30分程度で効果を発揮し、効果の持続時間も約5時間~6時間程です。

その他の特徴として食事の影響を受けにくいので、性交に及ぶ前に食事をするにしても、油分の多い食事で無ければ問題ないとされている所などが特徴となります。

勃起不全の治療

勃起不全の改善・予防する為には何をすればいい?

勃起不全の改善・予防

勃起不全にならないようにするために改善・予防方法について説明します。

勃起不全の原因は血液の巡りが悪くなることで、起きる症状になりますので、運動や食生活を見直すことで改善や予防を行うことが出来ます。

運動による勃起不全の改善や予防

運動で勃起不全の改善や予防としては下半身を鍛えることです。

一番下半身の筋トレにいいとされている「ダンベルスクワット」などがオススメになります。

ダンベルスクワットは大殿筋(お尻)、大腿四頭筋(太ももの前面)、ハムストリングス(太ももの裏側)を同時に鍛えることができるとされており、下半身の血液の循環を良くすることが出来ます。

ダンベルスクワットは下半身を鍛えるのに最も効果的とされていますが、負担が大きいので、間違ったやり方をしてしまうと、怪我の原因になってしまう事があります。

やり方には注意して行うようにしましょう。

食生活による勃起不全の改善や予防

食生活を変えることで、血液の循環を良くすることで勃起不全の改善や予防を行うことが出来ます。

血液がドロドロだと上手く結系が循環しないので、血液をサラサラにしてくれる食べ物を摂取するようにしましょう。

血液をサラサラにする食べ物としては「納豆、お酢、梅干し、イワシ、サンマ、ブドウ、玉ねぎ、わかめ、レモン、蜜柑」などがあります。

その他にも様々な食材がありますが、同じものだけを食べ続けるのではなく、栄養バランスも考えた食事を心がけることが重要です。

禁煙をする

勃起不全の原因になる煙草に含まれるニコチンには依存性があるので、すんなりと禁煙するのは難しいかと思います。

もし禁煙が難しいのであれば、禁煙外来をお勧めします。

専門医と相談して、自分に合う改善方法を提案してもらうことが出来るので、禁煙に近づくことが出来ます。

個人で禁煙を行う際には、ニコチンパッチなどを使用するなどして試してみるといいでしょう。

すぐに禁煙するのではなく徐々に改善していくのであれば、電子タバコなどに切り替えてみるなどして色々自分に合う禁煙方法を探してみましょう。

糖尿病の治療を行う

糖尿病の方は糖尿病で無い方の2~3倍勃起不全を発症しやすくなります。

また細小血管や陰茎の神経にダメージを与えてしまうので、糖尿病自体の治療を行うことが重要になります。

糖尿病の治療は内分泌代謝内科で受診することができ、今は糖尿病や生活習慣を専門としている開業医などでも可能です。

普通の内科では血液検査や尿検査で終わってしまう事があるので、糖尿病専門の所で専門医に診てもらうのが早いです。

なぜ勃起しなくなるのか

勃起不全の原因。なぜ元気がなくなり勃起しなくなるのか

勃起不全の原因

勃起不全の原因としては血液の循環になります。

勃起するには陰茎の海綿体にまとわりつく毛細血管に血液を送り込むことで、硬い勃起を維持することができるのですが、血液を上手く循環させることが出来なければ、勃起を維持することは出来ません。

血液の流れを悪する「煙草」や「アルコール」、「運動不足」、「糖尿病」なども勃起障害を引き起こします。

アルコール

アルコールは飲み過ぎるとアルコール中毒になってしまったりして様々な問題を引き起こしてしまいます。

また上手く勃起のコントロールが出来なくなってしまいますし、動脈硬化となってしまい、血液の循環も悪くなり結果として勃起不全となります。

アルコールを飲み過ぎるといっても個人差があり、アルコールへの耐性が弱ければ、少量でも勃起コントロールが出来なくなることもあります。

適度なアルコールの摂取であれば、血行も良くなり、臓器の血管の拡張をさせることが出来るので、むしろ勃起コントロールはしやすくなるとされています。

煙草(タバコ)

煙草には老化を促進させる物質が含まれており、動脈硬化になりやすくなるので、アルコールと同様に勃起不全の原因になります。

また煙草はペニスだけでなくその他の機能に悪影響を及ぼし、身体の機能が正常に働かなくなることがあります。

煙草には血管を収縮させる作用があり、ED治療薬(バイアグラなど)を服用しても効果が薄れることがあります。

近年では禁煙外来を専門とする医療を進めてるところも多く、ニコチン依存症の治療が進んでいます。

禁煙時に起こるイライラやストレスを医師の指導により治療を行い、最終的に禁煙を成功させることが出来きるので、勃起不全の原因になる煙草をやめる為に禁煙治療を受けるのも1つの方法になります。

運動不足

運動不足により勃起の硬さが低下すると考えられています。

事務作業などで、下半身の筋力が低下し血液の循環が悪くなることで、勃起不全に繋がるとされています。

また下半身だけではなく、全身の筋肉や肺機能を向上させる必要もあります。

肺機能が低下することで、全身の血液を巡らせるポンプの働きが弱まってしまうので、有酸素運動や無酸素運動を摂り入れることも重要になります。

糖尿病

糖尿病も勃起不全の原因の1つとなります。

糖尿病により血糖値が高い状態が続くことで、細小血管がダメージを受けてしまい、陰茎への血液の巡りが悪くなってしまいます。

また神経にも障害を与えてしまい、性的興奮が出来なくなってしまう可能性もあります。

腎疾病研究所(NIDDK)の調査でも、糖尿病の男性が勃起不全になる確率は正常の男性と比べ2~3倍高いとされています。

勃起不全

勃起不全とは?その症状や仕組みを解説

勃起不全とは

勃起不全とは勃起までに時間がかかったり、勃起したとしても途中で萎えたりするものです。

パートナーとの性交時で十分な勃起が出来ないために、性行為に対しての自信を失ってしまう事があります。

また勃起不全は勃起障害やEDとも呼ばれます。

EDは勃起機能の低下を意味しており、「Erectile Dysfunction」を略称したものになります。

勃起不全の症状

勃起不全の症状には重度のものから軽度ののものまであります。

性交の際に勃起が出来ないものであったり、勃起したとしてもすぐに萎えてしまうもの、また勃起に時間がかかるなど様々です。

勃起不全の症状として以下のものが該当します。

・興奮はしても勃起できない。

・勃起は出来るけども、時間がかかりすぎる。

・一瞬勃起できたとしてもすぐに萎えてしまう。

・勃起しても硬くならない。

・挿入まで出来ても、勃起状態を維持できずに抜けてしまう。

勃起不全でうつ病になる可能性

勃起不全になったしまったことで、性行為に対しての自信を失ってしまうことで、ストレスを感じてしまい、精神的ダメージを負うことでうつ病を発症させてしまう事もあります。

また1度性交で失敗してしまったことを原因で心因性勃起不全を引き起こしてしまう事もあります。

男性として女性に満足してもらうように頑張らなければと思いながら、性交を行うことはプレッシャーになりますし、失敗した時に自信を失い、自分自身を攻め立ててしまうことで、うつ病となってしまった方もいます。

性行為がすべてではありませんし、改善や予防方法は沢山あるので、いろいろな方法を試してみるようにしましょう。

勃起の仕組み

勃起の仕組みは、神経の伝達や血管、男性ホルモンの分泌が正常に働くことで正常な勃起となります。

勃起に影響してくるのが海綿体になります。

男性の陰茎は海綿体と呼ばれる組織で出来ており、平常時は海綿体は縮んでいますが、性的興奮や刺激を受けることで、海綿体の毛細血管に血液が大量に流れ込むことで、勃起できます。

硬い勃起を維持するためには、海綿体の毛細血管に血液を送り込み続ける必要があるんです。

ですが、加齢によって血液の循環が悪くなっていくことで、海綿体の毛細血管に血液を上手く循環させることが出来ずに、勃起の維持が難しくなっていきます。

入手方法

ED治療薬の入手方法

ED治療薬の入手方法

EDの治療薬であるバイアグラなどを購入したいけど、どこで入手すればいいのか分からない方もいると思います。

ED治療薬の入手方法は基本的に「病院での処方」か「インターネットでの通販購入」になります。

病院で処方してもらう場合は、泌尿器科や内科などが一般的になり、また専門外来の場合はED、性機能、男性更年期などを専門としているところで処方してもらうことが可能となります。

インターネットでの通販購入の場合は、医療を専門とした通販サイトにてバイアグラなどのED治療薬を個人で購入するだけになります。

~医薬品個人輸入代行通販~イエカラ薬局

基本的に医療通販サイトでの購入は商品が手元に届くまでに1週間近くかかってしまうので、早くED治療薬が欲しいという方は専門の医療施設で処方してもらうことをお勧めします。

病院で薬を処方してもらう場合のメリット、デメリット

病院で薬を処方してもらう場合のメリットとデメリットを説明していきます。

まず初めに病院で薬を処方してもらうメリットとして、専門の医師と相談して、自分の症状に合った処置を考えて相談に乗ってもらえるということです。

インターネットでの購入と比べ、薬についての服用方法などをしっかり説明してもらえるので、安心してEDの治療を行ことが出来ます。

デメリットとしては、直接足を運ぶ必要があるという手間があり、薬を処方してもらうまでの待ち時間があるということです。

薬を通販で購入する場合のメリット、デメリット

薬を通販で購入する場合のメリットは病院やEDや男性更年期などを専門とした医療機関などに直接足を運ぶ必要性がないということです。

また病院で「EDかもしれないので薬が欲しい」「勃起が出来なくなってしまった」「不感症かもしれない」などと自分の性事情について説明することが恥ずかしいという方にとっては通販サイトは圧倒的メリットになります。

人と直接話をする必要性がないので、変な恥ずかしさなど感じる必要性がないということです。

デメリットとしては専門の医師と相談することが出来ないので、通販サイトに記載されている内容を理解して薬を購入する必要があるということです。

また通販サイトになりますので、薬が手元に届くまでに1週間近くの時間がかかるということです。

病院での処方と通販購入

病院で薬の処方をしてもらうにしても、インターネットでの薬の購入をするにしてもそれぞれメリットとデメリットが存在します。

自分に合った薬の入手方法を行うことが一番良いでしょう。

ただし、ED治療薬は医薬品になりますので、正しい服用方法が必要になってきます。

間違った服用方法をとってしまうと、思わぬ副作用を引き起こしてしまう可能性がありますので、十分な注意が必要になります。

使用方法

ED治療薬の使用方法や安全性

ED治療薬の使用方法について

ED治療薬の正しい使用方法について説明していきます。

ED治療薬は基本的には空腹時に水かぬるま湯で服用することで効果を最大限に発揮する医薬品となります。

シアリスやレビトラなどは食事の影響を受けにくいとされていますが、空腹時に服用した方が効果を発揮します。

女性用バイアグラであるラブグラ、シルジョイピンク、フィメールグラ、フリバンも同様です。

ED治療薬はそれぞれに決められた服用量があります。

男性用バイアグラの服用

バイアグラ…成人された方が服用される場合は、1錠~2錠を性行為を行う約30分~1時間前に水、またはぬるま湯と一緒に服用します。

シアリス…成人された方が服用される場合は、1日2錠までを上限として性行為の約30分~1時間前に水かぬるま湯と一緒に服用ください。次の服用までの間隔は24時間以上必要になります。

レビトラ…成人された方が服用される場合は、1日1錠が服用の限界で服用の間隔は24時間以上必要となります。

女性用バイアグラ

ラブグラ…1日1錠を性行為の1時間ほど前に服用することで、効果は4時間~6時間持続すると言われています。

シルジョイピンク…1日の服用量は1回1錠までとし、次回の服用までは24時間以上の間隔を空ける必要があります。

フィメールグラ…1日1錠を上限として、性行為の1時間ほど前に水またはぬるま湯で服用可能。次の服用までの間隔は24時間以上空ける必要があります。

フリバン…一日1錠を寝る前に水と一緒に服用ください。毎日服用していることで、神経に働きかけることで自然な性欲を感じれるようになっていきます。

ED治療薬の安全性について

ED治療薬は服用することで「興奮した状態が続く」、「1日中勃起している」などというイメージを持たれている方もいらっしゃるみたいですが、そんなことはありません。

ED治療薬は血行を良くする薬です。

服用することで、血行を良くし、性器周辺に十分な血液を起こり込めるため、性行為で感じられるようになったり、勃起できるようになるというものです。

一度服用したことによって麻薬のような依存性などはありませんので、安心ください。

ですが、ED治療薬は医薬品になりますので、副作用というものが存在します。

ED治療薬の副作用

ED治療薬は医薬品になりますので、副作用というものが付いてきます。

基本的に「顔の火照り、頭痛、めまい、動悸、目の充血、胸焼けなど」があります。

これらの副作用は基本的にどれも軽度のもので、重い症状ではありません。

血行が良くなることで起こる一時的な症状となっています。

また薬の効果が切れることで、これらの副作用症状もなくなります。

ED治療薬

有名なED治療薬 男性用バイアグラ

有名なED治療薬

勃起不全、勃起障害であるEDを治療する薬として有名な医薬品で「バイアグラ」、「シアリス」、「レビトラ」の3つがあります。

男性や女性でも「バイアグラ」という単語は聞いたことがあると思います。

このED治療薬であるバイアグラは、近年では女性でも服用されており、女性専用にデザインを変えたバイアグラも製造されるようになりました。

女性専用バイアグラは不感症や冷感症を改善する効果があり、普段の性行為で満足できない女性に利用されています。

女性用バイアグラで有名な医薬品としては「ラブグラ」、「シルジョイピンク」、「フィメールグラ」、「フリバン」等になります。

男性用バイアグラ

男性用バイアグラは服用することで、血管を拡張する作用があり、陰茎に十分な血液を送り込めるようにすることで勃起を可能にする薬になります。

服用するだけで勃起するようなものではありません。

性的刺激を受けることで勃起を可能としているので、服用してずっと勃起状態となってしまう事はありませんので、ご安心ください。

バイアグラ

バイアグラはファイザーが製造・販売しているED治療薬で世界的にも圧倒的な知名度を誇る医薬品です。

有効成分のクエン酸シルデナフィルは、勃起の維持を阻害する酵素5型ホスホジエステラーゼの働きを妨げ、勃起の維持に不可欠な環状グアノシン一リン酸の減少を防ぎます。

この働きにより、ペニス周辺部分の血管を拡張し正常な勃起を可能とします。

効果の持続時間は3~4時間とされており、食事の影響を受けやすい為、空腹時に服用することを推奨されています。

シアリス

シアリスはイーライリリーカンパニーが製造・販売しているED治療薬で、世界シェアが42%となり世界市場で1位になった程の人気医薬品です。

有効成分タダラフィルは、水に溶けにくい性質をもつ為、効果時間の持続力を得ることができると言われています。

また食事の影響を受けにくいので、レストランでの食後に服用することも出来るので、使い勝手がよいのも人気の理由となります。

シアリスの最大の特徴は、ED治療薬の中でも効果の持続時間が圧倒的に長いことで有名となり、その効果の持続時間は24時間~36時間もの間継続します。

朝方のうちに飲んでおけばその日の夜中に服用するタイミングをうかがう必要がないので、大変使い勝手がいい治療薬となっています。

レビトラ

レビトラはバイエル薬品によって製造・販売されているED治療薬で、バイアグラやシアリスと同様に世界でも知名度の高いED治療薬となります。

有効成分のバルデナフィルはバイアグラの有効成分であるクエン酸シルデナフィルと同じ働きがあります。

ただしバイアグラと違い、効果の持続時間が長く、食事の影響を受けにくいのが特徴になります。

効果の持続時間は5~8時間程とされており、効果が切れるまでの時間を気にする必要がない事から、世界中で多くの方に利用されています。

女性用精力

有名なED治療薬 女性用バイアグラ

女性用バイアグラ

女性用バイアグラも男性用バイアグラと同じように血管を拡張させることで、性器周辺の血行を良くさせることで、女性の性の悩みである「不感症(冷感症)」や「性交痛の緩和」を行うことが出来ます。

女性の不感症や性交痛などは、膣内分泌液が不十分なために起こる症状とされており、性器周辺の血行を良くすることで、膣内が十分に潤いやすくなり、性交の際に気持ちいいと感じように出来ます。

元々は閉経後の女性に利用されることの多かった女性用バイアグラでしたが、近年では10代20代の女性でも利用されることの多くなってきた医薬品となります。

ラブグラ

ラブグラは、アジャンタ・ファーマ社が女性用に開発したバイアグラになります。

有効成分もバイアグラと同じクエン酸シルデナフィルが配合されており、服用することによって子宮や膣内、陰核に血流の促進作用により、膣内に潤い与えることが出来ます。

性的に興奮しない、濡れない、不感症などの性的興奮障害の対策として使用されています。

シルジョイピンク

シルジョイピンクは、インドのジェネリック製薬会社であるサバメディカが製造するウーメラのジェネリック医薬品です。

有効成分は男性用バイアグラやラブグラと同様で、効果も同じとなっています。

ラブグラとの違いは製造会社が違う為、開発にかかっているコストの違いにより価格の差はあります。

フィメールグラ

フィメールグラは、サンライズレメディズ社が製造・販売している女性用バイアグラです。

シルジョイピンクと同様に有効成分がクエン酸シルデナフィルとなっているので、ラブグラと同じ効果を得ることが出来ます。

服用することによって、膣や女性器周辺が濡れやすくなりますが、フィメールグラには性的興奮や性欲を増進する媚薬のような効果はありません。

あくまでも血液の流れを改善することによる、不感症などの治療になります。

フリバン

フリバンはセンチュリオンラボラトリーズ社が製造販売している女性用バイアグラになります。

有効成分はフリバンセリンで、ドーパミンやノルエフリンなどの神経に作用することで、不感症や膣内の渇きを改善することが出来ます。

ラブグラ、シルジョイピンク、フィメールグラなどの女性用バイアグラは血液の流れを改善することで、不感症などの症状を改善しますが、フリバンは脳神経に直接働きかけることで、性的興奮を覚え濡れやすくするといったものになります。

毎日服用することで、性欲をコントロールできるようになります。

ED治療薬

ED治療薬とは

ED治療薬というものがどのようなものなのか分かっていない。

また服用しても安全なのか分からずに、利用をためらっている。

という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ED治療薬は勃起不全を改善する為の医薬品で、性行為の問題を改善する薬になります。

ED治療薬という言葉のイメージでは男性が服用するイメージが強いと思いますが、近年では女性も服用することの多い医薬品になります。

ED治療薬は男性、女性ともに服用されている薬として、多くの人に利用されていますが、実際どのような薬なのかについて説明していきたいと思います。

ED治療薬とは

ED治療薬とは勃起障害、勃起不全を治療する薬になります。

そもそもEDとは英語で「Erectile Dysfunction」で、日本語訳すると「勃起障害」、「勃起不全」という意味になります。

勃起障害や勃起不全という言葉的に「勃起することができない状態」とイメージされる方が多いと思いますが、勃起するまでに時間がかかったり、性交の際に中折れしてしまい、勃起状態を維持することが困難な状態を指します。

何故、勃起するまでに時間が掛かってしまったり、性交の際に中折れしてしまったりするのでしょうか?

それは血の流れに関係があります。

勃起不全、勃起障害の仕組み

勃起不全の原因は主の2種類あります。

1つは心因性によるEDです。

もうひとつは加齢によるEDや糖尿病、高血圧症などの症状によるEDです。

EDはふとしたきっかけで誰しもが起こりえる症状なんです。

近年では10代や20代の若い方でもED症状に悩んでいる方もいらっしゃるんです。

性交は出来てあたりまえというものではないんです。

心因性によるED

心因性によるEDはふとした事がきっかけとなることがあります。

それは、自分自身の寝不足やストレスでも自律神経や男性ホルモンのバランスがくずれ、勃起力の低下につながります。

またパートナーとの性行為に失敗してしまい、それがトラウマとなって性行為自体に抵抗を感じるようになってしまいEDとなることもあります。

初めて性行為を行う場合でも、緊張して上手く勃起することが出来なかったという経験をされた方と同様に、精神状態によって勃起力は変化するんです。

加齢によるED

加齢によってEDとなることもあります。

年齢が高くなればなるほどEDになる確率も高くなっていくとされています。

年を重ねるごとに身体機能が低下し、血液の循環が上手くいかなくなり、結果としてEDとなってしまう事があります。

50代、60代でも性交を行うことの出来る男性も勿論おり、生活習慣や煙草や飲酒、ストレス発散などに気をつけることで、年齢が高くても、十分な勃起力を発揮することができます。

糖尿病、高血圧症などによるED症状

糖尿病や高血圧症によってEDとなってしまう事があります。

米国の研究で糖尿病の男性はEDの発症率が通常の男性と比べ、2~3倍EDになりやすいとされています。

理由としては糖尿病により血圧が上昇し、血管を傷つけてしまう事が原因となります。

逆に心因性の以外でEDとなった場合、糖尿病や高血圧症の可能性があるので、検査することをお勧めします。