循環器内科とは

循環器内科とは

循環器内科とは心臓や血管などの血液の循環にかかわる疾患を診療する内科です。

内科には循環器内科の他にも、血液内科、腫瘍内科、糖尿病・代謝内科に分かれており、それぞれの専門分野での診療を行っています。

心臓血管などの疾患も診ることの出来る内科医師というようなイメージで問題ないと思います。

おもに高血圧症と心臓病の診療を担当している。

循環器内科での診察内容

循環器内科では、心臓に関係する病気や大動脈、末梢血管などの病気を専門的に扱っています。

心臓の病気は狭心症、心筋梗塞、不整脈、心臓弁膜症、心筋症、心不全などを主としており、大動脈、肺動脈、末梢動脈などの血管に関わる疾患、高血圧・糖尿病・高脂血症・メタボリック症候群などの治療を施します。

循環器内科に受診される方の多くは胸痛、息切れ、呼吸困難、動悸、むくみ、失神発作、眩暈、背中の痛みなどの異常を感じた方となります。

心臓病の基本的な症状

胸痛

狭心症や心筋梗塞が考えられる病気で、命に関わります。

急いで歩いたり、重い荷物などを持った時に、胸の真ん中が圧迫された感覚や、絞めつけられている感覚があった場合は、狭心症の可能性が非常に高いものとなります。

また今までにない胸痛や胸苦しさが突発的に起きた場合は、急性心筋梗塞の可能性があります。

このような症状を感じた場合は、早急に病院で受診されることをお勧めします。

息切れ

息切れや呼吸苦などの症状を感じた場合、心不全の可能性が考えられます。

心不全は心臓の血液の循環機能が低下して起こる疾患です。

階段を上るときに息切れを感じたり、途中で休憩を行わないと辛さを感じるなどがある場合は、早急に病院にて受診されることをお勧めします。

心電図や心エコー検査などの検査で診断されます。

動悸(どうき)

脈が乱れるような症状を感じた場合、不整脈の可能性があります。

不整脈の中でも命の危険があるものと、そうでないものがあります。

この不整脈を調べるには心電図の検査が主流となります。

心電図で不整脈が見られない場合はホルター心電図を利用し、24時間心電図の検査を行います。

ベルトのようなものをつけて普段道理に生活してもらい、心拍数を記録し1週間程度の解析を行い、診断結果を出します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です