循環器内科の病気から起こる症状

循環器内科の病気から起こる症状

循環器内科で治療を行える病気の一つである動脈硬化や糖尿病を放置してしまうと、他の病状を発症してしまう事があります。

それは勃起不全(ED)と呼ばれる病気で、性交を満足に行えなくなります。

動脈硬化や糖尿病により血液の循環が悪くなり、男性陰茎の毛細血管に十分な血液を送り込むことが出来なくなることが原因です。

糖尿病の方は糖尿病で無い方の2~3倍勃起不全を発症しやすくなるので、早めの治療を行うことを推奨されています。

勃起不全と聞くと「完全に勃起できない状態」というイメージがあると思いますが、あくまで勃起不全は「勃起までに時間がかかる」、「勃起したとしても暫くしたら萎えてしまっている」、「挿入できたとしても萎えてしまい、抜けてしまう」等という症状になります。

勃起不全となってしまった場合は、ED治療薬という薬を服用することで改善することが出来ます。

ED治療薬とは

ED治療薬と聞いてもイメージしずらい方もいると思いますが、「バイアグラ」と聞けば少し想像しやすいのではないのでしょうか?

バイアグラは勃起不全を解消し、硬い勃起能力を得ることができ、刺激を受けることで硬さを維持できるようになります。

またバイアグラ以外にもシアリスやレビトラなどのED治療薬も存在します。

バイアグラは硬さを出し、シアリスは服用してからの効果時間が長く、レビトラは服用してから効果を発揮するまでの時間が短いというような特徴があります。

自分に合うED治療薬を使用するもので、基本的に病院では泌尿器科や

内科、専門外来の所ではED、性機能、男性更年期などを専門としているところで処方されます。

また通販サイトでの購入も可能となっています。

通販サイトで薬を購入する際の注意点

通販サイトで薬を購入する際の注意点として、医薬品の説明をしっかりと読み理解する必要があります。

基本的に医療専門の通販サイトでは、ある程度分かりやすく説明書きをしてくれていますが、分かりにくい場合もあります。

医薬品には副作用があるので身体の異常を感じた場合、すぐに服用を中止してかかりつけの病院で受診さる必要があります。

この流れを自己判断でしっかりと行う必要があるので、難しいと感じられた場合は通販での購入ではなく、お近くの病院で受診されましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です